インフルエンザの予防接種での注意点

インフルエンザの今年の症状と予防接種

冬が近づくとニュースになるインフルエンザの予防接種ですが、なぜ予防接種を毎年受けなくてはいけないのでしょうか。
それは、インフルエンザウイルスが変化する性質を持っているからです。
人間の身体には免疫記憶という機能があり、一度感染したウイルスを覚えていて、次にそのウイルスが侵入してきたときに攻撃して追い返す働きがあります。
しかし、ウイルスが変化していると免疫記憶が働かずに感染してしまいます。
そのため毎年の予防接種が必要になるのです。
インフルエンザが流行り始めると、今年の症状についての報道がなされますが、これもウイルスの変化する性質のためです。
一般的にインフルエンザはA型・B型・C型があり、それぞれ症状が違います。
A型は感染力が高く変化しやすいため、毎年流行が懸念されています。
症状も一般的にインフルエンザと言われて思い浮かぶような高熱や筋肉痛、悪寒などが挙げられます。
B型はA型とウイルスの形は似ていますが、A型と違って変化を起こしにくいため毎年のように流行せず、数年おきに猛威をふるいます。
A型に比べて消化器官系に症状が出る傾向が多く高熱になりにくいため、ただの風邪と間違えられるケースもあります。
今年の症状として下痢や嘔吐などの消化器症状が挙げられている場合は、B型の可能性が高いと考えられます。
C型はA型ともB型とも異なり感染力が低く、たとえ感染しても風邪程度の症状で治まることがほとんどです。
毎年の予防接種は、その年の流行を考えてワクチンの成分を変えています。
しかし、実際にインフルエンザが流行ってからでないと今年の症状が分からないというのが現状で、予測が外れると予防接種の意味がないこともしばしばです。
とはいえ、感染した場合に重篤な症状になるのを防ぐ効果があり、自身の命を守ることにも繋がるので、できる限り予防接種は受けるようにするべきでしょう。