インフルエンザの予防接種での注意点

予防接種をしてる人だと熱の下がる早さが違う

 予防接種は多種類あります。インフルエンザワクチンは毎年型が違うし、効果もさがるので、毎年打ったほうがいいです。打っていない人と比較すると、熱下がるのが早くて、苦しまなくていいです。肺炎ワクチンは1回うてば、半永久的に聞くので、70歳以上の人は1度打っておくといいでしょう。なぜなら、癌やほかの病気で入院したとしても、結局は免疫力が低下して呼吸器の機能が悪くなり、肺炎で亡くなる方が多いからです。また高齢者はウイルスに対する反応が鈍いため、肺炎になっても高熱がでず、何となく元気がない程度のことで肺炎と気づかないこともあるからです。
 子供の予防接種は、はしか、風疹、水疱瘡、おたふく風邪は打っていたほうがいいです。これらは大人になってからかかると何日も高熱が続いたり、発疹のあとが残ったりするからです。たいていは、母子手帳に記載があるので、適切な時期に医療機関で予約して打ちます。はしかは子供でも高熱で苦しみ、熱下がるまで1週間ぐらいかかることが多いのですが、水疱瘡や風疹、おたふく風邪は症状が軽いので、積極的に移してもらう人もいます。これらは罹患すると2度とかかりません。大人になっておたふく風邪になると、男性不妊の原因にもなります。風疹は妊婦が妊娠初期にかかると障害児が生まれます。
 予防接種を打っていてもかかる場合もあります。しかし、打ってない人と比較すると、症状が軽かったり、熱下がるのが早かったりします。日本脳炎や子宮頸がんワクチンは副作用の報告もあるので、自分で情報を比較し判断して決めます。不安ならしないほうがいいです。
 医療機関の従業員や、学校の先生などは大人数の人と関わるのでインフルエンザワクチンは毎年うっておくべきです。、子供や高齢者は抵抗力が弱いので、罹患すると、人によっては重篤な症状になるかもしれないからです。